三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールの使い方

ホーム使い方ハードウェア三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールの使い方
三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールの写真

三軸(X,Y,Z)のジャイロと加速度センサによって、動きやかたむきの値がわかります。

パーツについて

写真の図のように、X軸、Y軸、Z軸で対応した値をアナログ信号で出力することが出来ます。

三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールのセンサー位置を説明している写真

センサーが地面と水平の状態で、以下の値付近になります。

  • X軸角度: 0
  • Y軸角度: 0
  • Z軸角度: 180(裏返しで-180)

センサー側で変更・確認できる事

写真の赤丸部分にある部分でX、Y、Zの向きを確認する事が出来ます。

三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールのセンサー位置を説明している写真

仕様

電圧3~5V
通信方式I2C
ジャイロ測定範囲±250 500 1000 2000 °/sec
加速度測定範囲±2±4±8±16g
サイズ34 x 20 (mm)

つなぎ方

SPACEBLOCKマイコンボードとそのまま接続する場合

写真のように、SPCEBLOCKマイコンボードの黄色ピンソケットの横のピンヘッダーを、三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールのピンソケットに差し込みます。

三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールの写真

ジャンパーワイヤで接続する場合

三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールとSPACEBLOCKマイコンボードを以下のようにジャンパーワイヤ(オス-メス)を使ってつなぎます。

  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのGNDピンと、SPACEBLOCKのGNDピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのVCCピンと、SPACEBLOCKの3.3Vピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのSCLピンと、SPACEBLOCKのB1ピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのSDAピンと、SPACEBLOCKのB3ピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのXDAピンと、SPACEBLOCKのB5ピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのXCLピンと、SPACEBLOCKのB7ピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのADOピンと、SPACEBLOCKのB9ピン
  • 三軸ジャイロ三軸加速度センサのINTピンと、SPACEBLOCKのB11ピン
SPACEBLOCKマイコンボードと三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールの接続方法

※SPACEBLOCKマイコンボードの黄色ピンソケットの横にあるピンヘッダーは、 隣り合った黄色ピンソケットと同じ信号のピンとして扱えます。

使い方

ジャイロの加速度~を読み取りのブロックを使うと、X軸、Y軸、Z軸でそれぞれ数値を返します。
ジャイロの角度~を読み取りのブロックを使うと、X軸、Y軸、Z軸でそれぞれ数値を返します。
ジャイロが動いているかのブロックを使うと、それぞれの動きがあったかどうかをブール(High(true) / Low(false))で返します。
プロジェクトのカテゴリ「入力」の「ジャイロ」にあるブロックで三軸ジャイロ三軸加速度センサモジュールから値を取得できます。


ブロックの詳しい使い方はこちら

ジャイロの加速度~を読み取り