赤外線障害物回避センサモジュールの使い方

ホーム使い方ハードウェア赤外線障害物回避センサモジュールの使い方
赤外線障害物回避センサモジュールの写真

赤外線を使ったセンサにより、ものが近くにあるかどうかを判別します。
障害物をよけるロボットカーなどをつくることもできます。

パーツについて

写真の赤丸部分にある赤外線を送受信できるセンサーによって、 センサーの前に障害物があるかどうかをデジタル信号 High(true) / Low(false)で出力します。

赤外線障害物回避センサモジュールのセンサー位置を説明している写真

センサー側で変更・確認できる事

センサーに電気が通っている場合、Pled(センサーに組み込まれたLED)が点灯し、 障害物を検知した場合、Sled(センサーに組み込まれたLED)が点灯します。
また、パーツの下部のポテンショメータを回すことで検知する距離を変更することができます。

赤外線障害物回避センサモジュールのポテンショメータ位置を説明している写真

VR1(黄色丸部分)のポテンショメータは赤外線送信の調整です。
右回りに回すことで検出距離を長く、 左回りに回すことで検出距離を短く調整できます。
VR2(赤丸部分)のポテンショメータは赤外線受信の調整です。
右回りに回すことで検出距離を長く、 左回りに回すことで検出距離を短く調整できます。 細かい調整が必要な場合だけ調整してください。


※ドライバーなどでゆっくり回して調整してください。 回せる範囲が決まってますので、無理に回したり 強い力で回すと故障の原因になりますのでご注意ください。

※調整範囲を超えると、センサーが常に検出または検出しなくなる場合があります。 その場合は逆方向に回し直して調整してください。

ENピンについて

赤外線障害物回避センサモジュールのポテンショメータ位置を説明している写真

ENピンは通常ではつなぐ必要がありませんが、センサーが有効(Enable)かどうかを決めることができます。
ENピンのデジタル信号が、High(true)の場合はセンサーが有効になり、Low(false)にするとセンサーは強制的に無効になります。
最初の状態(ジャンパーワイヤを繋げていない状態)ではセンサーは有効のHigh(true)です。

変更する場合は、ENピンをSPACEBLOCK(スペースブロック)のデジタル対応ピンとつないでから、「デジタル出力」ブロックでHigh/Lowを送ることで変更ができます。

仕様

電圧3~5V
出力信号デジタル
検出距離2〜40cm
検出角度35°
温度範囲-10~50℃
サイズ 45 x 16 (mm)

つなぎ方

赤外線障害物回避センサモジュールとSPACEBLOCKマイコンボードを以下のようにジャンパーワイヤ(オス-メス)を使ってつなぎます。

  • 赤外線障害物回避センサのSピンと、SPACEBLOCKのデジタル対応ピン
  • 赤外線障害物回避センサのGピンと、SPACEBLOCKのGND
  • 赤外線障害物回避センサのVピンと、SPACEBLOCKの5Vまたは3.3V
SPACEBLOCKマイコンボードと赤外線障害物回避センサモジュールの接続方法

※画像は信号線をA0のピンに接続した図です。 デジタル対応ピンはA0~A10、A13、A15、B0~B15、C14~C1です。

※5V、3.3VやGNDはSPACEBLOCKマイコンボード上の同じ表記のピンに挿すこともできます。

使い方

センサーの前に何もなければHigh(true)、障害物があるとLow(false)を返します。
プロジェクトのカテゴリ「入力」にあるブロックで赤外線障害物回避センサモジュールから値を取得できます。


ブロックの詳しい使い方はこちら

デジタル読み取り