SPACEBLOCKマイコンボードの使い方

ホーム使い方ハードウェアSPACEBLOCKマイコンボードの使い方
SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードの写真

SPACEBLOCK(スペースブロック)専用のマイコンボードです。
SPACEBLOCK公式サイトにログイン後、パソコンやタブレット、スマートフォンとSPACEBLOCK(スペースブロック)専用マイコンボードをUSBをつなげると、プログラミングでマイコンボードやモーター、センサモジュールなど色々なパーツを動かすことができます。

SPACEBLOCK
マイコンボードについて

知りたい部分を
クリックしてね!
スペースキャラクター
おもて
SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードの写真

青色ピンソケット

黄色ピンソケット

横向きピンソケット

ユーザーボタン(PA8)

ユーザーボタン(PA9)

リセットボタン

USB MicroBコネクタ

電池ボックスコネクタ

組み込みLED

うら
SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードの写真

RTC用ボタン電池ホルダ

SDカードリーダー

ピンの種類について

SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードとピンソケット

3.3V、5V

電気が流れるピンで、3.3Vと書かれたピンでは3.3Vの電圧、5Vと書かれたピンでは5Vの電圧がかかります。

GND

0Vの基準点を示すピンです。電池の-極のような役割を持っています。

A0~A15、B0~B15、C14~C15

デジタルやアナログの入出力やPWM出力ができます。
デジタル対応ピンは、デジタル対応ピンから受け取った電圧をHigh(true) / Low(false)で読み取ることができたり、 デジタル対応ピンから電圧を0V / 基準点の電圧を出力する事が出来ます。
アナログ対応ピンは、アナログ対応ピンから受け取った電圧を0~1023の数値に変換して読み取ることができます。
PWM対応ピンはPWM(パルス波形)出力ができ、モーターを動かしたりスピーカーから音を出したりすることができるピンです。
使用できるピンはパーツやブロックによって異なります。詳しくは各パーツの使い方やブロックのヒントよりご確認ください。

T1、T2、T3、T4表記について

Tはタイマーです。 A10がT1(タイマー1)、A0がT2(タイマー2)、B0がT3(タイマー3)、B10がT4(タイマー4)のピンになります。
基本カテゴリの「タイマーを作成」のブロックを使用している場合、 該当するタイマーと重複したピンは使用出来ないので、別のピンを選択して使用してください。

SPACEBLOCK(スペースブロック)のプログラミング画面

PullUp表記について

A4、A6~A7のピンが対応しています。 ピンにプルアップ抵抗をつなげることで、電圧をHighの状態に安定するようにしたピンです。 一部のセンサモジュールで、通常のピンでは電圧が安定しない場合に使用します。 また抵抗によって電圧を調整しているため、非対応のピンと比べて取得できる値が変化する場合があります。

SPACEBLOCK(スペースブロック)のプログラミング画面

ユーザーボタン(PA8、PA9)について

SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードのユーザーボタンを押している間、 A8、A9のデジタル信号が変化します。 PA8のユーザーボタンを押している間はA8のデジタル信号がLow(false)、 PA9のユーザーボタンを押している間はA9のデジタル信号がLow(false)になります。

仕様

搭載マイコン32bit STM32F103CBT6
コアプロセッサ32bit ARM Cortex-M3
最大動作周波数72MHz
RAM20KB
フラッシュメモリ128KB
EEPROM2KB
ボタンリセットボタンx1、ユーザーボタンx2
LED電源LEDx1、ユーザーLEDx1
GPIO35
USBコネクタMicro B
カードリーダーMicroSDに対応(SDカード別売り)
RTC用ボタン電池ホルダCR1220に対応(電池別売り)
電源USB・電池ボックスまたは、外部供給(3.3V、5V)
サイズ47 x 57 (mm)
パッケージサイズ92 x 120 x 23 (mm)
※安全性を考慮しCE、FCC、RoHSの規格に準拠した製品です。
※USB Implementers Forum, Incより公式にVendor IDを取得しています。
※USBを接続する時は電池ボックスをOFFにし、USBと電池ボックスで同時に給電しないようにしてください。

接続方法

パソコン(またはスマートフォン、タブレット)とSPACEBLOCKマイコンボードの接続方法

①USBケーブル(A to Micro B)を使い、SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを接続します。

※スマートフォンやタブレットでご利用頂く際に、USB Type-A端子が無い場合は、お使いの端末に対応したUSB変換コネクタをご用意頂く必要があります。

SPACEBLOCK(スペースブロック)とUSBを接続している写真

②SPACEBLOCK(スペースブロック)サイトにログイン後、プロジェクト画面を開きます。
(初めての場合は「マイプロジェクト」→「新しいプロジェクト」を選択で開く事ができます。)
「デバイスを接続しました!」という表示が出て、「デバイスがON」になっていれば接続完了です。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

③デバイスの接続切断後、再接続したい場合はプロジェクト画面右上の「デバイスOFF」のボタンを押すと 画像のような表示が出るので、「デバイスを接続する」ボタンを押します。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

「spaceblock.jpが接続を要求しています」と表示が出るので「SPACEBLOCK - ペア設定済み」を選択し、接続ボタンを押します。

PCとSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを接続しているスクリーンショット

パソコン(またはスマートフォン、タブレット)とSPACEBLOCKマイコンボードの切断方法

①プロジェクト画面右上の「デバイスON」のボタンを押します。

②「デバイスを切断しますか?」と表示されるので「切断する」ボタンを押します。

PCとSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを切断しているスクリーンショット

③「デバイスを切断しました」という表示が出ます。
ブラウザとSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードの切断完了です。

リセットボタンについて

SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを接続している状態でリセットボタンを 押すと、そのまま再接続することが出来ます。

スタンドアローン
モード

SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードにプログラムを書き込み、 自立して動かすことが出来ます。 電池ボックスを使用します。

電池ボックスを使用する際は、USBを外してから電池ボックスをONにし、USBと電池ボックスで同時に給電しないようにしてください。

スタンドアローンモードを起動し、SPACEBLOCKマイコンボードを自立して動かす

①書き込みたいプロジェクトの画面に移動し、画面下のメニューから「スタンドアローン起動する」を選択します。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

②以下の画像が表示されるので「実行する」ボタンを押します。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

③書き込み中の画面が表示されます。
(SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードをUSBケーブルから抜かずにお待ちください。)

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

④書き込みが終わった表示が出たら、SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを切断します。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

④付属の電池ボックス、またはUSB給電でSPACEBLOCKマイコンボードを繋ぐと、書き込んだプログラムが実行されます。

SPACEBLOCK(スペースブロック)とUSBを接続している写真

トラブルシューティング

SPACEBLOCK(スペースブロック)が動かなくなった?などのトラブルや困った場合は以下をお試しください。

一部のブロック(プログラム)が正常に動作しない

同じピンに複数のモジュールを繋げている場合、組み合わせによってSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードが正常に動作しない場合があります。
また、SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードのファームウェアのバージョンが古い場合は、アップデートをお試しください。(新しいバージョンがある場合は接続時にアップデート案内が表示されます。)

プログラムを実行しても接続中のSPACEBLOCKが動作/反応しない

接続中のSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードがプログラムを実行しても動作しない場合、本体がフリーズしている可能性があるため、USBケーブルを一度抜いて再接続してください。
もし電池ボックスなどで給電中の場合は、電池ボックス電源をOFFにするか一度取り外してからUSBケーブルと一緒に再接続してください。

SPACEBLOCKが接続できない/接続しても反応しない

SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードをパソコンやタブレット、スマートフォンにUSBケーブル等で繋いでもプログラミング画面で接続ができない場合は、SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを初期化する事で改善する場合があります。
以下の手順で、SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを初期化できます。

①SPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードをUSBケーブルで接続します。

②マイコンボードのリセットボタンを押します。

PCとSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードのリセットボタンとPA8ボタンの位置

③組み込みLEDが赤色に点灯するので、その間にPA8ボタンを長押しします。
(お使いのブラウザにより「「SPACEBLOCK」を検出しました」という表示が出ます。)

PCとSPACEBLOCK(スペースブロック)マイコンボードを接続しているスクリーンショット

④プロジェクト画面の「デバイスOFF」ボタンを押して再接続します。
(自動で再接続された場合、「デバイスON」を押して1度切断して下さい。)

⑤「デバイスが書き込みモードで起動されています~」と表示されるので、 「初期化する」ボタンを押してください。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット

⑥書き込みが完了しましたと表示されると初期化完了です。

SPACEBLOCK(スペースブロック)プロジェクト画面のスクリーンショット