よく使う

二酸化炭素センサで~を読み取り

ホーム使い方ヒント二酸化炭素センサで~を読み取り

二酸化炭素センサで~を読み取り

二酸化炭素センサモジュールで空気中の二酸化炭素濃度や空気の汚れを読み取ることができるブロックです。

※このブロックを使用する場合は、

SPACEBLOCKマイコンボード二酸化炭素センサモジュールを接続してください。

sbp-co2.jpg

詳しい接続方法はこちらでご確認ください。

二酸化炭素センサモジュール使用時の注意

二酸化炭素センサは250ms(ミリ秒 1,000分の1秒)周期で測定しているため、センサ値取得後に次回のセンサの取得値に更新されるまで250ms以上の時間が必要です。

繰り返すブロックで読み取り続ける場合、以下画像の様に一時停止ブロック等で250ms以上間隔をあけてください。

スクリーンショット 2024-02-05 184740.png

二酸化炭素濃度を読み取り

二酸化炭素濃度を読み取りたい場合は「二酸化炭素センサで二酸化炭素濃度(ppm)を読取」ブロックを置き、数字型ブロックとして扱います。以下画像では読み取った数値がログに表示されます。

スクリーンショット 2024-02-05 184426.png

空気の汚れを読み取り

二酸化炭素濃度を読み取りたい場合は「二酸化炭素センサで空気の汚れ(ppb)を読取」ブロックを置き、数字型ブロックとして扱います。以下画像では読み取った数値がログに表示されます。

スクリーンショット 2024-02-05 184504.png