2021年08月31日 12時00分

第13弾プロジェクト「配列でLEDを点灯させてみよう」

ホームプログラミングコラム第13弾プロジェクト「配列でLEDを点灯させてみよう」

こんにちは!😊


スーパーブログ

「実際にプロジェクトを動かせる記事」の第13回目となります!

今回は配列ブロックを使ってLEDを点灯させるプロジェクトになります。

皆さんがSPACEBLOCK(スペースブロック)でプログラミングされる際の参考になればと思います!😆



今回のプロジェクト


今回のプロジェクトは8×8LEDパネルを使っています。

002.gif

  1. 配列を8つ(LEDの列の数分)作り、対応するLEDの座標に1をセット,消灯場所には0をセット
  2. 配列の値分だけ繰り返すブロックを利用し、1の場合点灯、0の場合点灯しないという処理を繰り返す
  3. 配列8つ分繰り替えす

という流れで動作するプロジェクトとなります。


プロジェクトの解説

変数をセット

image.png

点灯させたいLEDの座標に1をセットしていきます。

今回は左のLEDを点灯させるブロックのように、ハートを点灯させてみたいと思います😊💓

image.png

次にLEDの座標を指定するため、xとyという変数をセットしていきます。

LEDを点灯させる関数を作成

次に配列と数字を引数にとる関数を作成します。

8回同じ処理を繰り返すので、関数を作ると便利です😊

image.png

このようにして使う関数です。

image.png

配列の値をiに入れて繰り返すというブロックを使うと、配列の中に入った数字を変数iに入れて繰り返してくれます。

配列の中の数字は行(x)に対応しているので、もし配列の中身のn番目の数字が1ならばn番目のLEDを点灯させるという処理になります。

関数を使ってLEDを点灯させる

後は先ほど作成した関数を使用し、それぞれの列を渡してLEDを点灯させていきます。

image.png

皆さんもぜひSPACEBLOCK(スペースブロック)でプログラミングを楽しんでください!😊

公式ブログ
公式ブログ
official
SPACEBLOCK(スペースブロック)公式ブログです。