2021年10月05日 12時00分

第18弾プロジェクト「くるくるまわる円」

ホームプログラミングコラム第18弾プロジェクト「くるくるまわる円」

こんにちは!😊

スーパーブログ

「実際にプロジェクトを動かせる記事」の第18回目となります!

今回はくるくる回る円をSPACEBLOCK(スペースブロック)で表現してみようというプロジェクトになります。

皆さんがSPACEBLOCK(スペースブロック)でプログラミングされる際の参考になればと思います!😆


今回のプロジェクト

今回のプロジェクトは8×8LEDパネルを使用しています。

  1. 点灯するx座標、点灯するy座標を保持する配列を作成
  2. 消灯するx座標、消灯するy座標を保持する配列を作成
  3. 「iを○○~○○に変えて繰り返す」ブロックで繰り返す
  4. 配列の値からそれぞれLEDを点灯、消灯する

という流れで動作するプロジェクトとなります。



プロジェクトの解説


点灯するx、y座標、消灯するy座標の配列をセット

image.png

点灯したいLEDの座標を順番にセットします。

今回は以下の図の赤い線が出ている座標から順番に点灯青い線から出ている座標から順番に消灯しています。

例えば

1番最初に点灯したいLED(赤い矢印が出ている場所)の位置がxが3、yが7

2番目に点灯したいLEDの位置がxが2、yが6 なので

点灯xに3,2…

点灯yに7,6…

と順番にセットしています。

円を描く.png

②「iを○○~○○に変えて繰り返す」ブロックで繰り返す

image.png

繰り返した順番をiとして使える繰り返しブロックでLEDを点灯・消灯していきます。

(配列の1番先頭を取り出す時は0番目で取り出せます。)

③②の繰り返しブロックを繰り返しブロックに入れる

image.png

繰り返しブロックの中に入れるとずっと円がくるくる回ります。

皆さんもぜひSPACEBLOCK(スペースブロック)でプログラミングを楽しんでください!😊

公式ブログ
公式ブログ
officialtyping-level-10question-level-10
SPACEBLOCK(スペースブロック)公式ブログです。