2022年02月10日 12時00分

第22弾プロジェクト「記憶力ゲーム」

ホームプログラミングコラム第22弾プロジェクト「記憶力ゲーム」

こんにちは!😊

スーパーブログ

「実際にプロジェクトを動かせる記事」の第22回目となります!

今回はSPACEBLOCK(スペースブロック)のボタンで遊ぶゲームのプロジェクトになります。

皆さんがSPACEBLOCK(スペースブロック)でプログラミングされる際の参考になればと思います!😆


今回のプロジェクト

今回のプロジェクトは8×8LEDパネルPA8ボタン、PA9ボタンを使用しています。


iOS-の画像-_1_.gif

  1. ランダムで4回左右どちらかにLEDが点灯
  2. 点灯した順番に左右のボタンを押す
  3. 正解の場合、ゲーム続行
  4. 不正解、または時間切れの場合、ゲーム終了

という流れで動作するプロジェクトとなります。


プロジェクトの解説

変数をセット

image.png

ゲームを続けるかを決めるブール値をセットしておきます。

falseになるとゲーム終了です。

LEDを4回点灯

image.png

image.png

左右どちらのLEDを点灯するかを、ランダムな数字を決めるブロックで決定します。

答え合わせするために決定した数字を配列の中に入れておきます。

入力待機

image.png

4000ミリ秒停止させ、入力待機します。

カウントという変数で待機中のボタン入力回数を保持します。

ボタンが押されたときの処理

image.png

PA8ボタンが押された場合左、PA9ボタンが押された場合右になるようにしています。

答え合わせに配列を使用しています。

image.png

ボタンが押されたときの処理です。

入力された数字も配列で保持しておきます。

正解時と不正解時の処理

image.png

入力と出題の配列の長さがそれぞれ同じかどうか確認し、

あっていた場合、正解の〇表示し次のループの為の初期化を行います。

同じでなければゲームを終了します。

皆さんもぜひSPACEBLOCK(スペースブロック)でプログラミングを楽しんでください!😊

公式ブログ
公式ブログ
officialtyping-level-10question-level-10
SPACEBLOCK(スペースブロック)公式ブログです。